ETC割引お得な使い方と100kmIC情報

早朝夜間割引と通勤割引の組合せ適用(応用2)−ETC割引お得な使い方

ETC割引の通勤割引、早朝夜間割引をちょっと工夫したお得な使い方を紹介し、また割引適用条件の出発IC(インターチェンジ)から距離100km以内の途中ICの情報をお届けします。

ETC割引お得な使い方 − 早朝夜間割引と通勤割引の組合せ適用(応用パターン2)



2009年7月8日より 通勤割引、 平日昼間割引 の距離条件が緩和されています。



通勤割引、早朝夜間割引の割引適用条件として 『走行距離100km以内』 の条件があります。
走行距離が、100kmを少しでもオーバーすると通常料金になってしまい、割引適用されません。

このパターンは、早朝に東京・大阪近郊から地方へ行く時、早朝夜間割引と通勤割引の 2つの割引を適用させる応用パターンです。

<条件>

・早朝夜間割引の条件
   ・出発IC(大都市近郊区間)より入る
   ・出発ICから100km以内の途中IC(地方区間)で一旦出て・入り直す
   ・時間帯は、出発ICまたは途中ICがam6時以前である

・通勤割引の条件
   ・途中IC(地方区間)より入る
   ・途中ICから100km以内の到着IC(地方区間)から出る
   ・時間帯は、途中ICまたは到着ICの時間がam6時〜9時である

■早朝夜間割引の適用
am6時までに出発IC(大都市近郊区間)から入り、100km以内の途中ICから一旦出ます。
この100km以内の途中ICから出ることにより早朝夜間割引が適用されます。

■続いて、通勤割引の適用
引き続きその途中ICから入り直し、100km以内の地方の到着ICをam9時までに出ます。
これにより通勤割引が適用されます。
なお到着ICの時間は、途中ICの時間が割引適用条件(6時以降)を満たしていれば意識する必要はありません。


■例) ETC利用明細・・・・早朝夜間割引と通勤割引が適用された!
早朝夜間割引と通勤割引の組合せ適用(応用パターン)例

この例は、早朝に東京近郊の川越ICから地方の東部湯の丸へ出掛ける場合の例です。
上記、ETC利用明細について通常走行とお得な走行方法を以下に説明します。


通常走行の時 − 早朝夜間割引と通勤割引の組合せ適用(応用パターン2)

川越ICから東部湯の丸ICまで146.0kmを、普通に走ると100kmを超えるため割引適用されません。

■関越道・川越IC → 上信越道・東部湯の丸IC     距離  146.0km

                          通常料金 ¥3,700

川越IC△−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−>▽東部湯の丸IC 146.0km
(出発IC)         (通常料金)             (到着IC)

     △:高速に入る
     ▽:高速から出る
                      


お得な走行の時 − 早朝夜間割引と通勤割引の組合せ適用(応用パターン2)

川越IC(大都市近郊区間)にam6時まで入り、100km以内の途中ICの松井田妙義IC(am7時過ぎ)で一旦出ます。 これで早朝夜間割引が適用されます。

さらに途中ICの松井田妙義ICから入り直し、34km先の東部湯の丸ICから出ています。 これで通勤割引が適用されます。


■関越道・川越IC → 上信越道・松井田妙義IC   距離 94.9km
             (一旦料金所より出る)    ¥1,350・・・早朝夜間割引適用

■上信越道・松井田妙義IC  → 上信越道・東部湯の丸IC   距離 51.1km
 (料金所より入リ直す)                  ¥750・・・通勤割引適用

                            計 ¥2,100

                松井田妙義ICで
6時までに入る      一旦出て・入り直す(9時までに)
川越IC△−−−−−−−−>▽△−−−−−−−−>▽東部湯の丸IC 146.0km
        (94.9km)       (51.1km)
         早朝夜間割引適用       通勤割引適用


出発IC(川越)をam6時までに入り、途中IC(松井田妙義)で入り直すだけです。
途中ICもしくは到着ICがam6〜9時であればOKです。
高速道本線から外れて一旦料金所を出て入り直し、本線に戻るまで5分もかからずに戻れます。


これで¥1600 お得に なります。

          Y(^^)ピース! Y(^^)ピース!

このお得な ¥1,600 は、ご覧の皆さんにとってはゴミみたいな金額でしょう。 きっとね!

   でも運営者にとっては 価値ある ゴミ です。

     トレッキングの後の温泉代と信州の美味しい蕎麦が食べられま〜す。。。。。。(^^)

まとめ − 早朝夜間割引と通勤割引の組合せ適用(応用パターン2)

このパターンをまとめると。。。。

1) 早朝に東京・大阪近郊から地方へ行く場合に利用
2) 大都市近郊区間の出発ICにam6時までに入る
3) 地方区間の到着ICをam9時までに出る。 なお途中ICがam6時〜am9時であればOK
4) 出発ICから100km以内の途中ICで出て・入り直す

なお全走行距離は200km以内です。

早朝に東京・大阪近郊から地方へ出掛ける場合に利用できるパターンです。
出発ICの時間(am6時まで)と100km以内、さらに途中ICあるいは到着ICがam6時〜9時を意識すれば 利用できます。

またこの組合せパターンは、時間差がないため時間調整の必要もありません。

200kmを超えたら? − 早朝夜間割引と通勤割引の組合せ適用(応用パターン2)

さてさて、この例では全距離が146.0kmですが、200kmを超える様であれば。。。。
               。。。。。もうお分かりですよね?

例えば 早朝に 川越から 志賀高原へ スキーへ行く時

川越IC△−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−>▽信州中野 203.7km
                       通常料金 ¥4,850

                

          松井田妙義IC       須坂長野東IC
川越IC△−−−−−−−▽△−−−−−−−−▽△−−−>▽信州中野IC 203.7km
      早朝夜間割引適用   通勤割引適用     通常
       ¥1,350         ¥1,350     ¥450
        94.9km        97.3km     11.5km

                       計 ¥3,150

上記のとおりになるはずです!!   (計算間違ってないと思いますけど。。。)

なお全走行距離が200km超の場合、ETCカードを複数枚使用し、通勤割引を複数回利用する方法もある様ですが、 基本は、『100km以内の途中ICで出て・入り直す』 です。

ちなみに運営者は、通常の行動圏が200km以内のためETCカード複数枚の利用はしていません。


この出発ICから100km以内の途中ICを「ETC割引・100kmIC情報」 として調べることができます。
メニュー 「ETC割引のお得な使い方 メニュー」 をご覧ください。


■ご注意
ETC割引を有効に使うため途中ICで入り直ししますが、
安全な場所でUターンしましょう。
料金所付近でのUターンは、後続車・対向車があり危険です。
くれぐれも安全運転が第一優先です。